フリーターの就職活動は大学時代の成績をアピールしよう

フリーターから就職活動となると、新卒と比べたらハードルは高いものとなってきます。そんなフリーターから就職活動を始めようと思ったらまず何から始めますか?何から始めたらよいかわからないという人にお勧めしたいのが、大学時代の成績をアピールすることです。 なぜ大学時代の成績をアピールするべきかというと、学生時代に勉学をしっかりやっていたというだけでも良いイメージをもってもらえますが、その内容を仕事に活かせるということをアピールすれば、将来性のある人材として考えてくれる可能性も高まるからです。 フリーターからの活動だからこそ、学生時代の勉学が応募企業に活かせるということをアピールするとよいのではないでしょうか。

フリーター向けの就職セミナーについて

フリーターの増加と高齢化は国としても憂慮している社会問題で、労働に関する主務官庁の厚生労働省のほか、地方自治体、市区町村も積極的に就職支援を行っているところです。支援するNPO法人なども存在します。そういった団体のなかにはフリーターに参加を限定したセミナーなどを行っているところもあるほどです。こういったセミナーに参加している企業は積極的に採用したいという意思を表明した企業であるといえますので、就職決定につながりやすく、年齢性別等を問わず、すべてのフリーターにとってはねらい目の企業であるといえます。また、主催者も支援に熱心な方ばかりですので、遠慮することなく、質問などを投げかけていくことが重要です。