フリーターが就職活動を有利に進めるために

フリーターが就職活動を有利に進めるためには、他の人にはない特別なスキルや能力が必要になります。IT関係であればプログラミングスキルやネットワーク構築能力です。こういった能力やスキルは色々な身に付け方があります。例えば独学であったり、例えば学校に通うとかです。独学はお金がかかりませんが、非常に時間のかかる勉強法です。しかし一人でゆっくり集中しながら勉強できるメリットもあります。学校に通うためには、必要が必要になりますが、効率的に勉強することができます。独学では勉強ができない人にお勧めです。フリーターは基本的に時間があるので、どんな勉強でも可能です。他者には負けないスキルや能力を身に付けてみましょう。

大学卒業後にフリーターの就職

大学を卒業後、フリーターをしていていざ就職するとなると、面接官に一番突っ込まれるのはなぜフリーターをしていたかということです。 これは、嘘が通用しませんし、ブランクが長いほど答えが苦し紛れになってしまいます。面接のときには、ある程度正直に言いましょう。もちろん、丁寧な受け答えを練習して、どうして就職したいかを伝えましょう。そうすることで、正直な人間性を印象づけられるでしょう。 しかし、受け答えが中途半端だと、何も考えていないかのように取られるケースもあるので、答えを用意しておき、志望動機とストーリーがつながる内容を話すことが大切です。 フリーターは、経験不足という印象が強いので、しっかり人間性をアピールしましょう。