フリーターにとっての正社員を目指す就職活動について

フリーターが正社員を目指すにあたっての就職活動は、志望する企業側の都合に合わせてスケジュールを組み直すことが大切になります。 アルバイトなどが単発かつ不定期に組まれている場合、企業側からの採用試験の日程が確定しますと、アルバイトの日程とかち合うことが想定されます。アルバイトも大切な仕事です。それを急に見送ることをおこないますと、顧客並びに仕事先に迷惑がかかることになります。優先順位は顧客対応を第一に考えなければなりませんので、早めにシフトを変更してもらうか、アルバイトそのものを辞めさせてもらう措置をとる必要があります。 また、フリーターとしてアルバイトの合間を縫って就職活動をおこなうことそのものが、肉体的にも精神的にも負担のかかりやすさがあります。ベストコンディションで臨むことが、企業側に対する礼儀でもあります。

フリーターの就職難の大きな2つの理由

フリーターは就職難であるということは世間でも知られていることですが、それには大きな2つの理由があります。1つはフリーター生活をすることによってすでに就職している人よりも不利な状況となるからです。例えば、面接を受ける時に職歴が充実している人と採用枠を争うことも多いですが、こうした時に職歴のなさにおいて不利になるので、どうしても採用されることが難しくなるケースがあります。2つ目はやりたい仕事や働きたいと思う会社が無いという理由です。多くの人はこれが理由で仕事が見つからないことが多いですが、重要視すべきことはとりあえずどこでも良いので一度は面接から採用されて仕事の経験を積んでおくことです。これを行うだけでも、今後はかなり仕事を見つけやすくなります。