フリーターの就職は自己分析から。

フリーターとして働いてきて、いざ正社員を目指して就職活動を始めると、壁にぶつかってしまうという事は珍しい事ではありません。 転職などをする場合、前職がアルバイトよりも、正社員の方がやはり有利になり、同じような仕事をしていたとしても、前職が正社員でなければ経験として認められないという事も珍しくありません。 ですが、アルバイトであっても、仕事をしてきたのであれば、そこに何か強みは存在します。 ですから、フリーターから正社員を目指す時程、しっかりとした自己分析をしておく事が大切になります。 仕事に対する意識や、考え、取り組み方、自身の強みだけでなく、弱みなども把握し、今後の改善点などについても考えておくと、落ち着いて面接に挑む事ができます。

フリーター就職面接の際の自己pr

フリーターと言えども就職に際しては面接・面談が必須です。 志望の動機や前職の内容は実体験から説明は出来るが、自分の長所短所に関しては客観的な判断が難しいこともあるので前もってまとめておきましょう。 企業の面接担当者が重要視するのが自己prです。 これは内容もさることながら、言葉の表現力や発言内容の簡潔さが求められます。 仕事に際し、出きる事や得意なことは自信を持って「出来ます」「得意です」と言い切る形で答えることが大切です。 あいまいな表現だと担当者も採用して大丈夫なのかと不安に陥ります。 最近は企業のボランティア活動も盛んで社会貢献の一つとしてホームページなどに掲載している企業もありますが、就職の面接においてはフリーター自身がボランティア活動に積極的に参加していても、あまり触れない方が無難です。 企業はあくまでも利益追求を目標とする組織なので仕事に重きを置いてほしいのが当たり前だからです。 雇用状況も改善の兆しが見えてきましたが非正規労働者・フリーターの現状はまだまだ厳しいものがあります。 面接に際しては準備万端で臨みましょう。